トランペット奏者・班目加奈

Kana

Madarame

​Trumpet

 

活動は日本から海外へ!

班目加奈は、単に演奏や技術指導を行うのではなく、音楽を通しお互いの心に触れて関係を深める活動になることをいつも心がけています。また、国際社会において「日本人として出来ること」を考えながら、班目加奈独自の活動を展開しています。 
皆様、どうぞ応援よろしくお願いいたします♪

Kana’s activities take place all over the world!

Kana always bears in mind that she must communicate with people from the heart through her music, not only just by performing or teaching. In the international community, Kana creates her music from the perspective of a Japanese woman. Thank you for your support.

News!

班目加奈トランペット・リサイタルvol.22、Ikigai~生きがいby Project KANAとして開催予定!

皆さん、最近「Ikigai~生きがい」は感じていますか?

2016年に出版された「ikigai」という本が欧州では話題になり、今では「ikigai」という言葉はそのまま世界で通じる言葉となり密かにブームになっています。外国には「生きがい」に合った訳語が存在しないため、スペイン人である「ikigai」著者たちは詳細にその考え方を解説しています。スペイン出身のホセ・レアル・シンテロと日本人である班目加奈が「ikigaiの国=日本」でこの演奏会を開催することは、大きな意義があると考えるのです。

 

2022年7月16日(土) 水戸駅ペデストリアンデッキお休み処

 (3回公演予定、席料500円当日販売)

2022年7月18日(祝) 袋田の滝第一観瀑台(3回公演予定

(席料500円当日販売)

 水戸大使 班目加奈が贈る 音楽で水戸と茨城(大子)を元気に!

{水戸から世界へ発信!}

県内の多数の企業、音楽団体のご協力を得て開催、後日配信の予定です。

 

2022年7月23日(土) 音部屋スクエア

(Schagerl JAPANミニコンサートとして開催)

 

2022年7月24日(日)梅若能楽堂(東中野)

(入場料一般3,000円、高校生以下2,000円)

多数の企業のご協力を得て開催、後日配信の予定です。

 

出演

班目加奈:トランペット

Jose Real Cintero(ホセ・レアル・シンテロ):トランペット

1992年スペイン、リリア生まれ。8歳からトランペットを学ぶ。リリア・コンセルヴァトワール、カステロ・コンセルヴァトワールで研鑽を積み、その後オーストリアのヨーゼフ・ハイドン音楽院でラインボールド・アンブロス教授に師事。ハンブルク音楽演劇大学大学院ではマティアス・へフス教授に師事。これまでに、Ciudad de Llíria コンクール優勝、Villa de Castellnovo コンテスト第一位、モンカオ・インターナショナル・トランペットコンクール第一位受賞ほか、数多くの国際コンクールで賞を受賞。現在、ボン・ベートーヴェンオーケストラでソロトランペット奏者として活動。

有田麻佑子伊藤辰哉:ピアノ

 

DSC_3851.jpg
PHOTO-2022-05-06-22-29-00.jpg

後援予定   

水戸市、大子町、一般社団法人水戸観光コンベンション協会、公益社団法人日本吹奏楽指導者協会(JBA)、日本ブラスバンド指導者協会、茨城県吹奏楽連盟、茨城県立水戸第二高等学校秀芳会、茨城放送、FMぱるるん、茨城新聞社

16041127077749.jpg
image0-2.jpeg

最近、動画をアップしています。ぜひご覧になってください。またチャンネル登録もどうぞよろしくお願いいたします!

Recently, Kana has uploaded many videos. Please check them out and subscribe to Kana’s channel!

https://www.youtube.com/user/kanamadarame

Stay home, save lives! presented by Project KANA

Dear friends of the world,

This is a video message from Tokyo! I sincerely hope you are all well.

Peace,

KANA